今月の話題〜4月〜



 今月は、高齢者、特に女性にとって健康に暮らしていくため問題となる骨粗鬆症について (Vita 25(3)、3〜23、2008)より概略を纏めてみました。

 高齢者の日常生活において支障になるのは、腰痛、関節痛、下肢痛、肩痛などの運動器の症状、 障害で、実際、これらの痛みによる疾患が最近の高齢者の疾患の上位をしめています。骨粗鬆症は 人口の10%といわれ、この骨粗鬆症が高齢者の運動器の痛みの原因となり、介護を要する状態に 陥るおおきな要因となっています。骨、血管、中枢神経の三大疾患の三分の一を占めているのです。 又、運動不足の原因となって生活習慣病と深い関係がありますし、骨粗鬆症と診断されますと10年 で10%以上が骨折するとされています。



1,骨粗鬆症の診断

a)症状
  (1) W.O.T.(wall occipital test);壁際に正面を向いて立って、壁と後頭の間に距離があると 陽性;円背、亀背
  (2) R.P.T.(Rib pelvis tast);立位にして後方から肋骨(12)と骨盤陵との間に2横指以下 であれば陽性
  (3) 伸長が若いときより2cm低い時は骨折の可能性がある。4cmだは可能性が高い。6c mだはXPが無くとも骨折があると考えられる。

b)検査
  (1) 骨密度(YAM)
       YAM 80%以上   骨粗鬆なし
       YAM 70〜80%  疑いあり
       YAM 70%以下   骨粗鬆症
  (2) 腰椎のレントゲン写真から
   Grade 0 椎体の変化なし
   Grade 1 Wedge deformity(+) Bicocave deformity(+) Crush deformity(-)
   Grade 2 Wedge deformity(++) Bicocave deformity(++) Crush deformity(+)
   Grade 3 Wedge deformity(+++) Bicocave deformity(+++) Crush deformity(++)
  (3)脊椎、大腿骨頸部のXP、骨代謝マーカー、骨密度、ALP、Ca, Pの測定




2,骨の強度は、70%が骨密度、30%が骨質といわれる。

  1)骨密度:骨のコンクリートに当たる。;CaやビタミンD3
  2)骨質 :鉄筋に相当する。;ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸など
  3)架橋(クロスリンクス):鉄筋を結びつける架橋





3,骨代謝マーカー

   骨吸収マーカー   平均+1.0SD  平均+1.96SD、骨破壊の産物をみる。
    DPD       5.9       7.6
    NTx(尿)    35.3       54.3
    CTx      184.1      301.4
   骨形成マーカー
    BAP       21.1      29.0
   マーカーの測定は始めは、6ヶ月、次回は1年後




4,新しい骨代謝マーカー

骨形成マーカー PINP
骨吸収マーカー トラップ5b(TRAP-5b)破骨細胞によって作られるタンパク質をみる。
骨代謝      ucOC この値が低い人はビタミンKが効果がある。




5, 骨粗鬆症の治療薬(A;効果あり、B;やや効果あり、C;効果弱い)

            BMD 椎体骨折 非椎体骨折 総合評価
カルシウム       C    C      C      C
エストロゲン      A    A      A      C
活性型VitD3      B    B      B      B
ビタミンK2        B    B      B      B
アレンドロネート    A    A      A      A
ラロキシフェン     A    A      B      A
カルシトニン      B    B      C      B
イブリフレボン     C    C      C      C
タンパク同化ホルモン C    C      C      C




6,骨粗鬆症の治療基準

  1 脆弱性骨折のない場合
     1)腰椎、大腿骨、橈骨のBMDがYAM70%以下
     2)YAM70%以上80%未満の閉経後女性及び50才以上の男性
        過度のアルコール摂取(1日2単位)
        現在の喫煙
        大腿骨頸部骨折の家族癧
  2 脆弱性既存骨折がある場合(男女とも50才以上)





筆者一言; 骨粗鬆症は、高齢者の特に女性にとって腰痛、円背、骨折、転倒、歩行障害の大きい原因と なっており、対応を早期に、持続的に日常生活の中で行なって行く必要があります。今回、 骨粗鬆症についての概略をVitaより取り上げてみました。健康な老後を過ごすために骨 粗鬆症に対して早期に介入することが大切と思います。




一口メモ

北朝鮮の長距離弾道ミサイル落下に備えた「破壊措置命令」・・・。海上自衛隊のイージス艦が 監視活動中みたいですね。4日に発射? 海上配備型迎撃ミサイルなど、そんなものが日本にあったのも知りませんでした。 日本に落ちないことを祈ります・・・ミサイルではなく衛星らしいので。



「今月の話題」バックナンバーへ