今月の話題〜2月〜

第28回メディコピア教育講演“睡眠と健康”より今回の話題を選んでみました。





1,体内時計と睡眠:(北海道大学医学研究科、本間研一)睡眠、覚醒を始め、生体機能は約1日を週期とする内因性リズムを示す。 人間の体内臓器にも、それぞれの体内時計があり、それを統括するのが脳である。人間の睡眠、覚醒の日内リズムは、光により調節 される。人を昼夜変化や社会的スケジュールから隔離し単独生活をさせると、このリズムは24時間より長い周期を示し、しばしば 30時間を超える。睡眠覚醒リズムは他の生体シズムと乖離し、内的脱同調という状態、時差ぼけに似た精神身体症状が現れ、時間 感覚の変容が生ずる。


2,睡眠物質と睡眠:(大阪バイオサイエンス研究所、裏出良博)プロスタグランジン(PG)D2は強力な睡眠物質である。この作用 機構の研究から視索前野にある睡眠中枢が発見され、睡眠におけるアデノシンの情報伝達系が明らかになった。


3,心の健康と睡眠:(秋田大学精神科学、清水徹男)深夜労働、グローバルスタンダードによる競争社会で、切り詰められるのは睡眠 時間である。短時間睡眠による寝不足と不眠はセットになりやすい。現代病でもっとも強力な不眠の原因はうつ病である。うつ病患者の 9割近くの人に不眠が基本的な症状として認められる。不眠は慢性化しやすい。


4,健康な睡眠のために:(日本大学精神医学、内山真)睡眠は人生の3分の1を占める休息、やすらぎを得る時間である。睡眠不足は 日中の作業能力の低下、血糖値や血圧コントロールを乱し、心臓病、脳卒中などの危険度を高める。




筆者一言
 人間は寝るために生きているのではないと言われますが、良い生活を得るためには、良い睡眠が必要です。メディコミアはその睡眠に ついての教育講演で、一般の方も参加した講演会でしたので、幅広く現在の睡眠について取り上げられており、興味あるものでした。 不眠症の治療は、実際にはなかなか難しく、薬を使用することが多くなってしましいますが、薬を使用せずによい睡眠を取れるよう にしたいものです。薬を使用しないで良い睡眠を得る方法はあるのですが、現実には、残念ながら、その有効性は不十分なことが多い ようです。睡眠についてのさらなる研究の発展を期待したいですね。
 新年早々に眠りの話題になりましたが、睡眠は大切です。




一口メモ

3日、大雪です。東京でも多摩西部では15センチ前後の積雪を記録だそうです。ビックリしますね。去年とは大違いで戸惑います。 転ばないよう気をつけないと!!転倒事故多いようなのでご注意ください。

さて。中国製冷凍ギョーザ。みなさん大丈夫ですか?高砂と千葉、兵庫の「ひとくち餃子」。千葉は「CO・OP手作り餃子」。 ほぼ全国で発見されてます。注意しようにも出来ないものなだけに恐ろしいですね。まだ原因解明もされていないので、 しばらく中国製冷凍物はさけます(≧〜≦;
ひとつの商品が取り上げられると次々と他の商品の問題も取り上げられてくる傾向にあるので不安が解消されませんが。。。



「今月の話題」バックナンバーへ