今月の話題〜8月〜



 今月の話題(2019.8)は、今年、2019年五月に名古屋で行われた全日本鍼灸学会の一般公演の中から撰んでみました。 興味のある貴重な講演があります。                                                                                       



1. 妊娠初診時における三半期別の主訴の調査と当院施術の満足度:

(マタニティ&ママのための鍼灸アロママッサージ院天使の卵、花田美咲、他)早期育児支援の一つとして、妊産婦をいたわる環境の必要を感じ、 ストレスケアに取り組んでいる。初診時の上位愁訴は、妊娠初期で「つわり」、中期で、「つわり」「こむら返り」、後期では、「逆子」「骨盤 周囲の痛み」など変化が見られた。81%に首肩腰の愁訴がみられた。全周期にわたり高い満足度がえられた。


2. セルフケアによる温灸療法が妊婦に与える効果、東洋医学調査票による気血水津液を指標に:

(東京有明医療大学、他、木村葉子、他)東洋医学調査票(OH7:和辻)による気虚・気滞・血虚・津液不足・津液停滞の変化とした。妊娠の安定 した24週から「三陰交」「湧泉」「太谿」などに患者自身が灸をした。セルフケアによる温灸療法は妊婦の気血津液の状態を良好にし、健康維持に 貢献できる可能性が示された。<


3. 下肢部のむくみに対する円皮鍼と押し圧施術の比較:

(森ノ宮医療学園鍼灸学科、池上典子、他)女子学生20名で行った。セイリン製の円皮鍼バイオネックス0.9mm、押圧群はセイリン製バイオネックス 0を用いた。左右の陰陵泉穴、地機穴、三陰交穴を用いた。下肢のむくみに円皮鍼と押圧施術で自覚的な症状に効果の差はなかった。


4. 難治性の線維筋痛症患者に対して頭皮針通電や患者教育は有効か?:

(明治国際医療大学、伊藤和憲)破局的思考の強い線維筋痛症の患者に対して前頭前野の頭皮針と破局的思考に有効と考えられる患者教育は、有効 な治療方法になり得ると考える。


5. 肩こりに対する鍼の有効性評価Advanced EJAMを活用したメタアナリシス:

(森ノ宮医療大学鍼灸情報センター、他、大川裕世、他)文献的検討で、浅刺および円皮鍼を用いた介入直後の肩こりのVASと深刺で、針と偽鍼との 有意差は認められなかった。


6. 中国歴代教科書における経絡弁証の変遷:

(明治国際医療大学基礎鍼灸学、米原依彗、和辻直)1895年版「鍼灸学」は八鋼・臓腑弁証中心の記述、2006年には、弁証、弁経の結合、調神、調気 の併重の3項目が設定され、経絡弁証と臓腑弁証を弁証の両輪とした。鍼灸は経絡弁証を中心としてきた。


7. カナダブリテッシュコロンビア州の鍼灸制度:

(東京有明医療大学、他、柴田泰治、他)CTCNAが鍼灸の試験、免許の管理、鍼灸師の管理をおこなっている。1)鍼灸学校の入学資格に大学一般教養 を2年間、2)試験で衛生と衛生法規は独立、3)ライセンス所持の鍼灸師の氏名住所をネットで閲覧可、4)鍼灸師の違反行為の通報先が周知、5) 違反はCTCNAが調査、6)違反が事実の時は、金銭的制裁、免許の停止、取り消し、7)違反事実の公開、など。


8. 発症後12カ月以上経過した末梢性顔面神経麻痺患者に対する鍼治療―facial comfortを指標とした検討―:

(東京大学リハビリテーション部、鍼灸部門、林健太郎、他)鍼治療により「顔がこわばる」・「顔をうごかすとツッパリ感やいたみを感ずる」・「顔 の疲れ」などfacial comfortの低下を改善したことは、顔面拘縮を軽減した可能性がある。


9. 合宿中の大学女子ラクロス選手の愁訴に及ぼす鍼治療の効果 トレーナーと鍼灸師の協調のために:

呉竹学園東洋医学臨床研究所、紀平晃功、他)選手は自由意志治療を選択した。針、マッサージ、テーピング、アイシングで、全ての治療で愁訴は軽減し たが、痛みには著効ではなかった。


10. 変形性膝関節症に対する鍼治療 QOLが改善した一症例:

(明治国際大学鍼灸部、辻大恵、他)変形性膝関節症に対して、足の運動に関する筋に刺鍼することで疼痛緩和、QOL改善が認められた。


11. 足底筋膜炎評価スケールを用いた足底部痛の評価 踵部部痛に対する鍼治療:

(東京有明医療大学付属鍼灸センター、内田裕、他)週一回、40mm14号針を用い、腓腹部・ヒラメ筋に4点(20mm刺入)と足底筋膜部2点(10mm刺入)に1 0分間置鍼し、効果を得た。


12. 骨盤位に対する針灸治療有用性の検討 産科医療機関における鍼灸治療の実際:

(母になる女性のための鍼灸アロママッサージ院:中村早稀、他)骨盤位は20週で50%存在し、その後毎週3%ずつ減少し36週には3~5%になると言われている。 治療群における骨盤位矯正率の有意差は見られなかった。しかし、初回治療による矯正率は高く、骨盤位を早く矯正する効果はあるのかもしれない。


13. 針通電の刺激部位数の違いによる主観的疼痛感覚と痛覚閾値の変化:

(明治国際医療大学大学院、岡田裕美子、他)慢性疼痛の治療に刺激部位を、四肢、上肢のみ、下肢のみ、右下肢、右上肢のみ等の刺激を行った。針通電刺 激部位の差で鎮痛効果に違いを見た。客観的痛覚閾値に変化を認めなかったが、主観的疼痛は介入後120分まで軽減を認めた。


14. 心臓神経症患者の一症例~こんなに噫気が出るなんて〜:

(愛媛県立中央病院漢方内科鍼灸治療室、大塚素子、他)自宅灸として、?門、曲池、足三里、三陰交に直接灸、心兪、志室への直接灸、大椎、神道、胃兪、 志室への灸頭鍼などで治療し、有効であった。


15. 本態性高血圧症に対する鍼治療の血圧と心拍数に及ぼす影響:

(関西医療大学保健医療学部、木村研一、他)高血圧症の男性患者7例と正常血圧者9例で検索した。針治療は、両側太衝、足三里、内関、百会に15分留置し た。本態性高血圧患者で針治療により有意な収縮期血圧及び心拍数の低下が見られた。


16. 自覚的な胃の調子と膝蓋骨の圧痛の関係;

(九州看護福祉大学健康支援学科、篠原昭二、他)お腹の調子が悪くなると膝の痛みが強くなる。


17. 新骨度法による経穴の部位差異に関する検討:

(宝塚医療大学鍼灸学科、深沢駿也、他)旧経穴学と新経穴学による経穴の位置について測定調査し、旧経穴学と新経穴学には有意な差が見られた。




筆者一言:
 一般演題の中から興味のある演題の抄録から選んでみました。このような発表の中から鍼治療のEBMが生まれ、広く一般に使用されるようになるものと思います。



一口メモ

 今年も高校野球の季節になりました。福島は、13年連続出場の聖光学院。応援しましょう。  最近は韓国との溝ができていますね。文大統領は、日本が韓国を「ホワイト国」から除外する閣議決定を行った直後、 これは単なる輸出管理の運用の変更ではなく、韓国経済の発展、成長を妨害しようとするたくらみであると非難していました。 非買運動も起きていますが、国民になんの得があるんでしょう。被害妄想に見えますけど、進展はありませんね。どうなるでしょうか。


「今月の話題」バックナンバーへ