今月の話題〜3月〜

  今月の話題は、先月、2月28日、29日と横浜で行われた日本慢性疼痛学会より選んでみました。 慢性疼痛に関する学際的な学会で、日常の診療で興味ある発表の多い学会です。今回は歯学関係の主催ですので、歯科領域の興味ある話が聞 けました。




1. 情報をクラウドで共有する多職種連携による在宅緩和医療、とくに痛みケアについて: (浦安ふじみクリニック、竜宗正)浦安市で、多職種チーム連携を試みている。患者家族のキーパー ソン、医師は患者の簡単な病歴、訪問看護の看護歴、ケアマネージャーはケアプランをそれぞれ登録 し、患者さんの家族と相談したチームの基本の基本方針を記載する。後方病院も参加し、患者の状態 改善のための短期入院、急変時の対応する体制となっている。関与する各領域のレベルアップと、患 者さんが住み慣れた家で安心して生きて行けることを目標としている。

*筆者一言:後方病院がどの程度バックアップ出来るのか、現在の医師不足の状態で心配ですし、これだけの 多くの医療者が参加する費用、可能性など問題もあると思います。


2. 患者の本音〜患者はどの瞬間にすくわれるか〜:(線維筋痛症友の会、橋本祐子)痛みは誰に でもある、しかし、痛みは主観的だから理解されないといわれるが、そうではない。どんな主観でも理解さ れているではないか、痛みだけが特別ではない。患者は言いたいことは必ず言っている。それを受け取り、理 解されることを切実に望んでいる。痛みは、表面的な現象にとらわれない、患者本人も気づいていないこと への深いアプローチが必要な、きわめて人間的な疾患である。

*筆者一言:患者さんが訴えておる痛みは本当に痛みがあることをみとめ、痛みに付随した症状に対応してほ しいとのこと、まず、ここから出発する。


3. CRPS患者が望む社会復帰の在り方:(Kmi心理カウンセリング研究所、土田くみ)痛みの治療に一番 大切なことは医師が患者の信頼を得て治療方針を決めることです。痛みで苦しむ患者は、痛みを取るだけでなく、 身体、心理、社会、実存といったような自分のストレスになっていること、治療 費の問題、家族の問題、職場の 問題などが絡み合っています。

*筆者一言:本人が車いすで話をされていました。患者さんと周囲の問題は多々あると思います。


4. 歯科における慢性疼痛 非歯原性歯痛:(九州大学歯学研究院、坂本英治、横山武志)歯痛の中には歯牙 や歯周囲組織に原因を求めることができない痛みが存在する。非歯原性歯痛と総称され、抜歯を含む一般的な歯科治療に は反応しないため長期経過を辿り、不定愁訴や治療の不備として取り扱われてきた。しかし、近年非歯原性疼痛の概念が 整理され1)関連痛、2)神経障害に起因する疼痛、3)中枢における神経伝達物質などの変調による疼痛、に大別され る。慢性痛の患者には少なからず心理社会的因子が存在する。


5. 歯科心身症と非歯原性歯痛:(みどり小児歯科、和気裕之)非歯原性歯痛は、「歯および歯周組織の異常に 起因しない歯痛」を指し、筋筋膜痛性、神経障害性(発作性)、神経障害性(持続性)、神経血管性、上顎性、心臓性、精 神疾患、心理社会的要因、特発性の8つに分類される。広義には、「臨床的に説明困難な状態」や、「心身両面からの評価 と対応を要する患者」等に用いられ、舌痛症や口臭恐怖症、口腔異常感症などが該当する。歯科領域で、心身医療を専門と しない歯科医でも治療方針を誤らないために「心身医学・精神医学的な対応を要する患者の分類(MW分類・2001)を提唱 してきた。

*筆者一言:歯科領域でも原因がはっきりせず、治療に困難な症例があることがみられます。



筆者一言
慢性疼痛は、原因が身体疾患として不明で、治療に困難することが多く、毎日の診療で悩まされています。地域総がかりで患者 さんに対応して行こうという試みがありますが、理想はよいのですが、現実には、多方面の専門家が同一方向に向かうことの難 しさ、時間的、人的、経済的な難しさがあります。しかし、努力はしなければなりません。非歯原性痛については、私の外来で も、舌痛症など、口腔の痛み、愁訴には難治で悩まされます。今回の発表を聞いて、歯科領域でも苦労しておること改めて知り ました。




一口メモ

最近?話題の画像が不思議すぎて時々見てしまいます。 「何色に見えますか?ドレス」で検索すると出ると思います。 白と金にしか見えない人、青と黒にしか見えない人がいるそうです。

私は昼間は青と黒にしか見えませんでした。どこが白?と思いましたが夜見たら白と金にしか見えません。

目の錯覚。認識の違いだそうですが、男女でも偏りがあったり疲れている時は○○色に見えるなど色々話題です。
何色に見えましたか?

実際は青と黒のドレスを撮影したものだそうです。



「今月の話題」バックナンバーへ