今月の話題〜7月〜





今月は、今年(2011)6月19日に東京で行なわれた全日本鍼灸学会 より選んでみました。今年の全日本鍼灸学会は筑波で3日間の予定で行な われる予定でしたが東日本大震災のために急遽東京で1日に短縮して行なわ れました。日本針灸とは? が主題のシンポジウムと特別講演が中心の学会でした。



1.明治時代以降における鍼灸医療制度・教育および研究の変遷;(明治鍼灸医療大学、 臨床鍼灸学、北大路博司)
1)明治7年に発布された医制題53号で鍼灸を西洋医学の管理下に置こうとした。
2)明治18年鍼術灸術営業差許方で鍼灸施術が営業可となった。
3)明治44年に鍼術灸術営業取締規則で免許鑑札制となった。
4)昭和20年GHQによる鍼灸禁止の意向に対して鍼灸の科学化の働きがあり鍼灸の存続となった。
5)昭和22年あん摩、はり、きゅう、柔道整復師等営業法で、身分免許制となった。
昭和63年に都道府県知事免許から国の厚生大臣免許となった。 明治44年には小学校卒後4年で鍼灸師の営業免許、昭和45年には高卒後3年となった。 昭和53年に明治鍼灸短期大学が設立され、現在は鍼灸大学が設立されている。

2.鍼灸領域における国内外の標準化の現況;(東京有明医療大学保健医療学部、東郷俊宏)近年、 国際機関WHO、ISOで標準化が進んでいる。WHOでは1990年代中国が主導で、経穴の位置、伝統医 学用語、伝統医学情報について検討された。中国による教育制度から資格、ライセンスまで標準化す る動きがあるが、日本、韓国、ベトナムなどはその国の独自の制度をもっており、統一化したもの取 るべきでないとしており、目下検討中である。ISOで標準化がなされると加盟国に強制力をもつことに なり、器材、資格、ライセンス、制度、教育等で、標準化されたものを海外から輸入しなければなら なくなる。中国の国家戦略としての動きがある。しかし、日本では、鍼灸医療について広い分野で標 準化が遅れており、国内に問題が多い。

3.日本針灸の特質(臨床面)東京衛生学園専門学校臨床教育、小川卓良)日本針灸は中国、朝鮮半 島を通して伝えられた鍼灸を日本国の中で日本化し、日本針灸を形作って来た。1)鍼灸治療が自由 診療であったため、患者が気持ちよく受け入れられるように手技、器具が改良(針管、細い針、優れ た上質のもぐさなど)され、開発された。2)西洋医学から独立した形で、医療保険枠の組みから外 れておるために画一的にならず、教条主義にならず、独自の治療法が編み出された。3)日本人の柔 軟性と西洋医学と両立した形のため、西洋医学的考え方も取り入れ、いろいろな手技・主義を折衷し て用いるようになった。
日本針灸の特徴は「触れる」を重視することで、皮膚に触れ、患者に聞、望、問、切を 通して触れ、圧痛、硬結、皮膚、皮下の反応を重視し治療することである。脈診を重視して、 経絡、経穴、陰陽、虚実を弁証して治療経穴を選らん行く行き方とは異なる点が多い。西洋医 学的発想の治療法と「素門」「霊枢」等の古典に基づく治療法を折衷する診断、治療を行なう 施術者が日本には多い。

4.将来と課題;(森ノ宮医療大学、保健医療学、山下仁)中国、韓国から経由し流入した鍼灸医学を日本人は、 千年以上に渡って日本人に適合した、親和性のある独自のものとして創り上げてきた。近代に至っては、西洋医学をも巧みに同化して独自の鍼灸技法を構築してきた。しかし、今、何をもって日本針灸のアイデンティティと呼べるのか合意の探求が求められる。



筆者一言
今回は、筑波で3日間に渡って行なわれる予定だった全日本鍼灸学会が東日本大震災のために 中止となり、今回東京で1日間でシンポジウムと特別講演で行なわれたものである。主に日本針 灸についての検討が主に行なわれました。中国、韓国が鍼灸についても、漢方と同じく国内に専 門の医療制度を持っており、その制度の基本となった鍼灸、漢方の診断、臨床の理論、制度、教 育制度、器具、機械、薬剤にまでWHO、ISOの中で積極的に自国のものを取り入れるように主張し ておるが、日本は、まだ漢方も鍼灸も十分に国際的に主張できる理論、制度、教育制度、器具、 薬剤の標準を持っておらず国際的には弱い立場にある。ISOで認められるとその制度、機械、制 度等は加盟各国に対して強制力を持つことになるため、国内の法律、医療制度、機械、器具、薬 剤等もISOで決めたものを取り入れ、従わなければならなくなる。今回も、国際化について如何 に日本は国際化の流れに対応していくのかが議論されている。国家的事業としてこの問題に当た らないと日本針灸の未来はないと思われます。




一口メモ

たった9日での松本前復興相の辞任・・・首相は自らの任命責任を認め陳謝しましたが。 暴言を吐いて辞任とは、首相を本気で支えようとする人はもう民主党の中に居ないと言うより 任せられる人材が居ないんでしょうね。反省して態度を改め、やり直せる早い段階で辞任には驚きました。

暑くなり、プールや海行きたくなりますね(^−^)
心配な放射能ですが、水中は放射線が遮断されるので被曝は少ないそうですよ。 どちらかというと浜辺が危険。長時間浜辺でなるのは避けましょ〜。



「今月の話題」バックナンバーへ