今月の話題〜9月〜



 今月の話題も先月と同じ7月に京都で行なわれた日本ペインクリニック学会より 選んで見ました。先月は緩和医療に於けるペインクリニッシアンの役割でしたが、 この学会でのもう一つの話題が、ガイド下の神経ブロックでしたので、今回はこの 話題を取り上げてみました。我々が1975年に佐藤と共にX線透視下(ガイド下) のガッセリ神経節ブロックをペインクリニック学会で発表した時には、透視下の神 経ブロックは必要ないという発言がありまた。その頃とは雲泥の差の時代になりました。




I.
シンポジウム:エコーガイド下神経ブロックの可能性を探るー超音波は神経ブロックをどう変えたか。

1)エコーガイド下仙腸関節ブロック:(京都府立医科大学疼痛緩和医療部、深澤佳太、細川豊史) 仙腸関節は、腰下肢痛、殿部痛、鼠径部痛、下腹部痛の原因となりうる。仙腸関節症は腰痛の原因の 10〜30%を占めるといわれる。仙腸関節ブロックはエコーガイド下に外来で、容易に行なうこと が可能である。

2)超音波ガイドによる三叉神経末梢枝ブロック:(ぱくペインクリニック、朴基彦)超音波ガイド 下に上眼窩神経、下眼窩神経、おとがい神経ブロックが可能である。

3)超音波ガイド下星状神経ブロック:(熊本大学麻酔科、仲西信乃)超音波ガイド下では、ブロッ クが感覚的なものから視覚的に捉えることができるようになる。ブロックの習得の手助けになると思 われる。

4)超音波ガイド下頸部神経根ブロック(従来のレントゲン下神経根ブロックとの比較);(NTT東日 本関東病院ペインクリニック、安部洋一郎)超音波ガイド下神経ブロックはレントゲン下神経ブロッ クに比較して(1)神経自体を視認可能、(2)患者、術者とも放射線に被曝しない、(3)大規模 な設備が不要、などの利点がある。超音波もその画像の改善や3D画像が可能となれば、安全で習得 し易いエコーガイド下神経ブロックが優位になる可能性がある。



U.
シンポジウム:エコーガイド下神経ブロックの最前線(診断から治療まで)

1)四肢の整形外科疾患に対する超音波ガイド下intervention;(城東整形外科、皆川洋至)

CT、MRIのような検査対象の制約を受けないで、超音波検査は身体所見をとりながら目的とする 画像を描出し、関節内注射、腱鞘内注射、又は神経ブロックが可能になる。

2)末梢神経の末梢枝を超音波ガイドでブロックしてみよう;(名古屋大学麻酔科、柴田康之、 西脇公俊)超音波ガイド下神経ブロックの波がペインクリニックにも押し寄せている。星状神経 節ブロック、胸部傍脊椎ブロック、大後頭神経ブロック、頚神経ブロック、脊椎関節ブロック、 大腰筋溝ブロック、陰部神経ブロック、腰部硬膜外ブロックなどの超音波ガイド下神経ブロック 法が報告されている。症例を呈示した報告である。

3)難治性腰下肢痛に対する超音波ガイド下神経ブロック;(横浜市立大学麻酔科、新堀博展) Failed Back Surgery Syndromeなどの難治な腰下肢痛の診断と治療の目的を持って椎間関節ブロ ック、脊髄神経後枝内側枝ブロック、神経根ブロック、仙腸関節ブロックなどが用いられるが、 透視下はブロックと異なり、被爆の問題以外に仰臥位、側臥位、半側臥位などを自由にとること が可能である。



筆者一言
超音波断層診断装置が容易に何処でも使用。出来る時代になって、超音波ガイド下神経ブロックが 容易にそして正確に、合併症も少なく行える可能性のある時代になって来ました。我々が神経ブロ ックを始めた頃は、神経ブロックに関する知識と共に厳しい、ある程度の時間を要する訓練と、技 術を習得する必要がありました。レントゲン下ブロックも行なわれていなかった時代に育ったわれ われは時の流れを感じます。しかし、どのようなガイド法が利用可能になっても、神経ブロックに 必要な知識、経験が必要なことは、安全に、正確に、十分な神経ブロックを行なうために必要です。



超音波ガイド下ブロックの著書は、沢山出てきていますが二つほど紹介します。
・ 超音波ガイド下ブロック法神経ブロック法ポケットマニュアル
    著者;小松徹、他
    出版;克誠堂出版株式会社
・ 超音波でわかる運動器疾患―診断のテクニックー
    著者;皆川洋至
    出版;メジカルビュー社





一口メモ

なんと今月、京都で39度も記録しました。 暑すぎる毎日ですが皆さん大丈夫ですか?ちゃんと食べていますか?
最近は食べるラー油が大人気で売り切ればかりですが、山形のだしが私はオスス メです。
胡瓜、茄子、みょうが、しそ、ねぎなどの夏野菜を全部みじん切りにして、醤油 をかけて少し時間をおけば、山形の郷土料理「だし」の出来上がりだそうですが 、スーパーにもあります。ご飯にかけて食べるのが一般的らしいです。
夏バテな方、そうめんや冷や奴にもぴったりなので一度お試しください!



「今月の話題」バックナンバーへ