今月の話題〜5月〜



 今月は、4月25日に東京で行なわれた「第8回酸化ストレス・抗酸化セミナー」より選んで みました。最近の話題です。色々な疾患、悪性疾患、ストレス、疲労などに酸化ストレスが関係 しておると言われています。




酸化ストレスとは“生体の酸化反応と抗酸化反応のバランスが崩れ、酸化状態に傾き、生体が酸 化的障害を起す”ことと考えられています。酸化ストレス度はd−ROMs(Reactive Oxygen  Metabolites),抗酸化力はBAPテスト(Biological Anti-oxidant Barrier)が用いられる。

1.
活性酸素と生命のスーパーシステム;(大阪市立大学分子病態学、井上正康)地球の歴 史、生命の癧史ではカンプリア期に酸素の爆発的発生があり、活性酸素が生命に必須の役 割を果たしている。NOとO2は2つのモーターの役割を果たしている。口腔の中から腸内 は嫌気性細菌の世界で、これはカンプリア期の名残である。



2.
神経救急疾患と酸化ストレスのモニタリング:フリーラジカルモニタリングとその臨 床応用;昭和大学救急医学、土肥謙二)活性酸素類(reactive oxygen species:ROS).活性 酸素(酸素より活性の高い酸素腫の総称)には、狭義の活性酸素、スーパーオキシドアニ オン(・O2・)過酸化水素(H2O2)ヒドロキシルラジカル(HO・)一重項酸素(1O2) がある。また、一酸素窒素(・NO),二酸化窒素(・NO2)ROSが不飽和脂肪酸などと反 応してしょうずる脂質系ラジカル種(アルコキシラジカル:RO・、ペルオキシラジカル ROO・など)が広義の活性酸素である。原子に存在する2対の電子が対にならず、不対電 子を持っている原子、分子をフリーラジカルという。ROSはヒドロキシラジカル(HO・)な どのラジカルと一重項酸素(1O2)の非ラジカルにわかれる。体内に取り込まれた酸素の 95%以上はミトコンドリアで水まで還元される。しかし、そ3〜5%は不完全な還元に よりスーパーオキシドアニオン(・O2)となる。スーパーオキシドアニオンによりROSが 産生される。ROSは生体内においてシグナル伝達や外来抗原に対する防御因子として働く 一方で、生体にとって強い毒性を持っている。ROSは老化や多くの疾病や障害を引き起こ す。生体はROSにたいして強力な抗酸化能力を有している。抗酸化物質には、フリーラジ カルや活性酸素の生成を抑制するもの、フリーラジマルを捕捉する働きを持つ物、酸化障 害に対して修復、再生機能を有するものがある。内因性の抗酸化物質と食事による外因性 のものがある。酸化抗酸化のバランスの破綻した生体にとって望ましくない状態を酸化ス トレスという。脳は全体の酸素の五分の一を消費し、細胞膜に不飽和脂肪酸を多く含んで いて、淡蒼球や黒質を始めとして活性酸素を発生させやすい鉄を多く含んでいる。脳は酸 化ストレスに弱い臓器である。



3.
生活習慣病における酸化ストレス測定の意義:(NTT西日本予防医療センター、福井敏 樹)健診のデータでみるとd―ROMの平均値は男性で321±61、女性で365±74、 BAPは性別の差は無く2274±74であった。



4.
疲労の客観的評価法・疲労と酸化ストレス、精神作業疲労に伴う変化について;(関西 福祉大学、倉恒弘彦)疲労は主観的な感覚であるため評価が難しく、客観的診断法の確立 が切望されている。疲労で、d―ROMは増加し、BAPは変化しない。疲労診断の一つの方 法となる。



5.
癌と酸化ストレス防御系;(日本薬科大学、統合医療教育センター、永田勝太郎、他) 癌の発症に酸化ストレスが関与して居ることはよく知られている。癌が進行するにつ れ酸化ストレス(d―ROM)は高くなるが、BAPテスト値はあまり変動しなかった。早期 発見後、抗酸化治療を行なったところ、癌が消失し、酸化バランスも正常化した例を報告 した。



6.
d―ROMsテストおよびBAPテストの汎用化とその酸化ストレス度、抗酸化能指標とし ての臨床的有用性;(三井記念病院 総合健診センター、山門實)酸化ストレス度や抗酸化 度の評価は生活習慣病の早期診断・早期介入に役立つと考えられる。1)加齢変化;d− ROMは男女ともに有意に上昇、男性は30才代より急速に低下しその後は低置を維持、女 は40才代後半に急速に低下し、その後回復し推移する。2)喫煙;d−ROMは上昇し、 BAPでは、有意差のある変化はなし。その他の臨床検査結果との関係を検討した。IMTと の関連が見られた。



筆者一言
酸化ストレスや抗酸化能は老化、疾患、生活習慣病、検診の結果や疾患の経過 にも強い関与を認めている。ウィスマー社製のFRAS4などで容易に検査することが可能と なっており、多方面で臨床応用されてきています。私ももう少し検討して臨床に使用シテ みたいと思っています。




一口メモ

5月なのに夏のような暑さの連休になりました。 今月は、鳩山総理が普天間基地の答えを出す月です。
国外に出せば 日本を守ってくれるものがなくなる、国内移転すると移転先から新 たな反対が。
出来ないなら安易に基地移転なんて話をしなければ 良かったのに。
どうするんでしょうか



「今月の話題」バックナンバーへ